プログラミングとプラモデル

プログラミングもプラモデルも初心者。でも・だから楽しい。

MG ジェガン<4> シールド1回目

こんにちは。yufinです。

今日はシールドです。

今回のテーマのひとつである尖鋭化をします。

まずは加工前のシールドです。

f:id:yufin:20190217183445j:plain

黒いマジックで塗った個所が尖鋭化をする部分になります。

シアノン+ベビーパウダー(通称シアノンパテ)を使用し、やってみました。

f:id:yufin:20190414220836j:plain

なんか上の画像と色味が違いますね。

それはともかく、よく見るとわかるのですが、パテを盛った部分がだいぶ欠けています。これじゃ尖鋭化の意味がないので、後日やり直そうと思います。

 

ジェガン製作計画>
1 仮 組
2 方針・計画の決定

3 加工・合わせ目消し・表面処理
(1)武器類

  ア ビームライフル

  イ シールド
(2)バックパック
(3)腕
(4)胸・腰
(5)脚部
(6)頭部
4 パーツ洗浄
5 塗装

MG ジェガン<3> 武器類(ビームライフル)

こんにちは。yufinです。

今日はビームライフルをやりました。

f:id:yufin:20190217182215j:plain

ジェガンビームライフルって少し短めなんですね。

とりあえず〇穴はスピンブレードでしっかり掘りました。

ゴッドハンド スピンブレード 5本セット プラモデル用工具 GH-SB-1-3

ゴッドハンド スピンブレード 5本セット プラモデル用工具 GH-SB-1-3

 

 これだけでも精密さが上がるんですね。これから積極的に使っていこうと思います。

なおライフルの後端部分の3連〇穴ですが、スピンブレードで無理やり掘ったら少しずれて掘ってしまいました。スピンブレードは通常のドリルのように穴を掘っていくのではなく、掘った穴の底面を整えるもののようです。ひとつスキルが上がりました。

次回はシールドをやります。

ジェガン製作計画>
1 仮 組
2 方針・計画の決定

3 加工・合わせ目消し・表面処理
(1)武器類

  ア ビームライフル

  イ シールド
(2)バックパック
(3)腕
(4)胸・腰
(5)脚部
(6)頭部
4 パーツ洗浄
5 塗装

MG ジェガン<2> 製作計画

こんにちは。yufinです。

今回は製作計画を作ります。

この計画、私にとっては結構大事です。

 

気持ちが乗らないときの私の気持ちはこんな感じです。

・腕を1個作った後に

 「腕2個もつくるのだるいなあ」

・ある部分を作り終わった後に

 「次どこ作ろうかなあ・・・、考えるのめんどくさい。とりあえず作るのやめよう」

だいたいプラモデルからしばらく離れるときはこの二つが多いです。

 

1個目は時間が経つと「作りたい」気持ちが復活してくるので対処可能なのですが、2個目は何度か繰り返した後に「超作りたい」というビッグウェーブが来ないと乗り切れないのです。バンシィで時間が空いた時はだいたいこれです。

 

ですのでジェガンでは、計画を作って少しずつ、でも確実に進めていきます。

 

まずはバンシィでの反省です。

・表面処理を意識しなかったので、表面がザラザラしている箇所がある。

・完成までの時間がかかりすぎ。

バンダイエッジに手を入れていない

・左右のパーツで形状が違う箇所がある(あったような気がする)

 

これらを踏まえて今回の方針は

・表面処理をちゃんとやる(800番のヤスリ掛けor超鋼スクレーパーでのカンナ掛け)。

・あまり凝った改造はしない(スジボリはしない)。

バンダイエッジを除去する。

・同じ形状のパーツは一緒にやる。

です。

ジェガンはキットの完成度が高いので、これらをやるだけでかなり良いものができるんじゃないかなって思っています。

 

そして計画はこちらです。

ジェガン製作計画>
1 仮 組
2 方針・計画の決定
3 加工・合わせ目消し・表面処理
(1)武器
(2)バックパック
(3)腕
(4)胸・腰
(5)脚部
(6)頭部
4 パーツ洗浄
5 塗装

少しずつやっていきます。

MG ジェガン<1>

あけましておめでとうございます。yufinです。

今日から新しいキットを作っていこうと思います。

制作するのは、「MG ジェガン」です。

まずは箱です。

f:id:yufin:20190102163436j:plain

バンシィと同じくらいの大きさです。

 

続いてランナーを並べてみました。せっかくなので、バンシィと並べてみますね。

f:id:yufin:20190102164034j:plain

f:id:yufin:20151003121900j:plain

全然量が違う・・・。ジェガン少なすぎ・・。

バンシィは変形機構があった分パーツが多いのはわかりますが、それでも、ジェガンのパーツの少なさが際立っています。

気になったので、ランナー枚数と総パーツ数をそれぞれ数えてみました。

・MGバンシィ

 ランナー枚数:19枚 総パーツ数:380

・MGジェガン

 ランナー枚数:20枚 総パーツ数:239!

ジェガンバンシィの約63%のパーツ数しかないようです。これだけ少ないとなんとなくサクサク作れそうな気がします。

さっそく仮組してみました。

f:id:yufin:20190102165425j:plainf:id:yufin:20190102165458j:plain

f:id:yufin:20190102165554j:plainf:id:yufin:20190102165617j:plain

よくできていると思います。すごくかっこいいです。

細かいバーニヤまで素組で色分けされており、塗装するのも楽そうですね。


それよりもこのキット、めちゃくちゃ組みやすかったです。

これは説明書の一部なんですが、

f:id:yufin:20190102165911j:plain

Dランナーと一部Gランナーでほぼ完結しています。

以前であれば、各工程で3~4種類のランナーの部品を使用するためその都度ランナーを持ち替え、部品を切り出す必要がありました。そのため、ランナーにタグをつけて視認性を向上させたりといった工夫がほぼ必須となっておりました。

ですが、このキットはそんなタグは必要ありません。なんせ、1~2枚のランナーに必要な部品がまとまっていますから。

なんというか、バンダイさんのユーザーへの配慮がすごく伝わるキットだと思います。

 

バンシィ(最終決戦仕様)<48回目・最終回>完成しました

こんにちは。yufinです。

 

今日は最終回・組立てです。

塗膜がある分かみ合わせがきつくなったり、部品を改修したことによる干渉があったりと一筋縄ではいかない組立てとなりましたが完成しました。

組立てたものがこちらになります。何枚かどうぞ。

f:id:yufin:20181110100425j:plain

f:id:yufin:20181110100515j:plain

f:id:yufin:20181110100543j:plain

f:id:yufin:20181110100559j:plain

f:id:yufin:20181110100644j:plain

続いてブラックライト当てたものになります。

f:id:yufin:20181110100707j:plain

所どころもっと丁寧にできたかな~と感じますが、私の現状としてはこれが100%だと思います。

それにしてもMG全塗装の達成感が半端ない。時間はかかりましたが、良い時間を過ごせました。

 

モデラーズギャラリーに投稿しております。よろしければ投票よろしくお願いします。

模型・プラモデル投稿コミュニティ【MG-モデラーズギャラリー】ガンプラ|AFV|ジオラマ| - ユニコーンガンダム2号機バンシィ 最終決戦仕様

バンシィ(最終決戦仕様)<47回目> セミグロスクリアー

こんにちは。yufinです。

前回デカールを貼りましたので、今回は塗装の最後の工程であるクリアーです。

デカールのキラキラを生かし、かつデカールを保護するため、セミグロスクリアーを吹きます。

で、いつものごとく吹きました。

f:id:yufin:20181102124257j:plain

一部武器類はつや消しです。

クリアーを吹くと、塗装ムラなんかもある程度キレイに整えてくれるんですね。色ごとに統一感がでたように感じます。

次回はついに組立てて完成になります。

バンシィ(最終決戦仕様)<46回目> デカール貼り

こんにちは。yufinです。
今日からはデカール貼りです。
ご存知のようにver.kaですので、大量のデカールがあります。
これを説明書どおりに貼っていきます。

いきなりですが、全て貼り終えました。

f:id:yufin:20181023173230j:plain

肩はこんな感じです。

f:id:yufin:20181023173312j:plain

時間は1日1時間×10回くらいですね。

本当にたくさんのデカールでしたが、ひとつ貼るたびに完成に少しずつ近づいているのを実感できたので楽しめた工程だったように思います。

ところで、今回のデカール貼り、めちゃくちゃシルバリングしちゃいました。
どうもデカールとキットが密着していないことが原因なようです。
おそらく、表面処理が足りず表面がガタガタな状態でデカールを貼ったので、浮いてしまったことが考えられます。

対策としては、
①表面処理をしっかりやる。
②光沢クリアーでキットを覆う。
の2点が挙げられるようです。次回はちゃんとやろうと思います。


ただ、このままだとシルバリングがひどすぎるので、「シルバリングを防ぐ」処理ではなく、「シルバリングを軽減する」処置をしました。

こちらのバズーカですが、中央のデカールは形状がはっきりするくらい見事にシルバリングしてますね。

f:id:yufin:20181023173722j:plain
シルバリングした部分をデザインナイフの先で「チョン」と突いて微細な穴を開けてあげます。
そして穴にマークセッターを塗り毛細管現象デカールをキットの間に浸透させ密着させます。その結果がこちらです。

f:id:yufin:20181023173810j:plain

だいぶ改善されました。

どうも大きめのデカールでよくなっていましたので、気付いた部分は全て修正しました。


最近のモデルアートでは「マークセッター」ではなく、「マークソフター」でデカールを軟化させ密着させていました。
この方法も試してみたんですが、今回の私の場合には合いませんでした。軟化させただけじゃくっつかないんじゃないかな。デカール自体にのりが残っているならOKなのかもしれません。

次回はセミグロスクリアーを塗っていきます。

 

<進行状況>

1 メタルプライマー(サイコフレーム

2 サイコフレーム

  ホワイトパール→Ex-蛍光クリアー

3 メタルプライマー(関節部分)

4 関節部分

  メカサフライト

5 武器類

  メカサフヘヴィ

6 関節部分・武器類

  Ex-フラットクリアーつや消し

7 装甲部分

  サフ

7-Ex-1 頭部の確認

8 アンテナ・襟・ダクト

  Ex-ブラック

9 装甲部分

  Ex-ブラック+純色シアン

10 アンテナ・襟・ダクト

  ブライトゴールド→Ex-クリアー光沢

10-Ex-1 カメラアイ

10ーEx-2 バズーカの弾倉

10-Ex-3 バーニヤ

10-Ex-4 パイロット

11 装甲部分

  デカール貼り

12 装甲部分

  セミグロスクリアー