プログラミングとプラモデル

プログラミングもプラモデルも初心者。でも・だから楽しい。

MG ジェガン<8> バックパック3回目

こんにちは。yufinです。

今日は動力パイプをスプリングに置き換えます。

使用するパーツはこちらです。

f:id:yufin:20190721141251j:plain

 

A・スプリング (No.2.5 ブラック2.5mm)

A・スプリング (No.2.5 ブラック2.5mm)

 

まずはこちらの基部となるパーツです。

 プラの動力パイプはニッパーで切り落とし、ヤスリで表面を整えたのち、1mm厚プラ板と、動力パイプの起点に2mmのプラ棒を瞬着で付けました。

f:id:yufin:20190721141925j:plain

プラ棒を付ける際は、そのままだと強度があまり高くないので、2mm径のスピンブレードで1mm程度掘り、接着面積を増やすことで強度を高めています。

 

続いてスプリングです。

バックパック上部のスラスターが限界まで可動しても抜けないよう、3cmにカットします。ちなみに、金属スプリングをプラモデル用ニッパーで切断すると、切ることはできますが、刃こぼれするのでやめましょう(私はこれでタミヤのニッパーを1個ダメにしました)。ちゃんと金属用ニッパーで切断します。

取り付けたものがこちらです。

f:id:yufin:20190721142706j:plain

次回は、このスプリングが刺さる先のパーツについてやっていきます。

 

MG ジェガン<7> バックパック2回目

こんにちは。yufinです。

今日はパックパックパーツの尖鋭化です。

使用したのはシアノンパテです。

f:id:yufin:20190624180540j:plain

分かりずらいですが、

C面部分の白い線がシアノンパテになります。

シアノンパテはもともと接着剤ですから、こういった細かいC面なんかにもしっかり食いついてくれます。欠点はエポキシパテなんかと比べて

・強度が弱い(欠けやすい)

・気泡が入りやすい

ことですね。

 

次回は動力パイプのスプリング化をしたいと思います。

ジェガン製作計画>
1 仮 組
2 方針・計画の決定

3 加工・合わせ目消し・表面処理
(1)武器類

  ア ビームライフル

  イ シールド
(2)バックパック
(3)腕
(4)胸・腰
(5)脚部
(6)頭部
4 パーツ洗浄
5 塗装

 

MG ジェガン<6> バックパック1回目

こんにちは。yufinです。

今日はバックパックです。

 

f:id:yufin:20190624171657j:plain

基本的にかっこいいですよね。ですがもっとかっこよくするため、

テーマのひとつである「パーツの尖鋭化」と、動力(?)パイプ部分をスプリングに替えようと思います。

 

と言いながら、バーニヤのエッジのだるさが気になりましたので、まずはバーニヤのエッジを薄くしました。右が加工前、左が加工後です。

f:id:yufin:20190624172333j:plain

うん、だいぶシャープになりました。

 

次回はバックパック2回目、パーツの尖鋭化を行います。

ジェガン製作計画>
1 仮 組
2 方針・計画の決定

3 加工・合わせ目消し・表面処理
(1)武器類

  ア ビームライフル

  イ シールド
(2)バックパック
(3)腕
(4)胸・腰
(5)脚部
(6)頭部
4 パーツ洗浄
5 塗装

 

 

MG ジェガン<5> シールド2回目

お久しぶりです。yufinです。

今日は、前回エッジがボロボロになったシールドの補修です。

今回は以下の方法でパテ等を盛ってエッジ出していこうと思います。

(前回のシアノンパテは全てヤスリで落としています。)

① バンダイエッジ部分にプラ棒を接着しヤスリ

② エポキシパテを盛りヤスリかけ

 

①ですが、こちらになります。

f:id:yufin:20190623163842j:plain

黒い部分はクレオスの「Mr.セメントSPB」を使いました。どこまで接着剤が流れているか分かりやすいですね。

手順としては、C面部分に普通の瞬間接着剤を点付けし、プラ棒を仮止めします。その後、セメントSPBを流し込んで接着しました。

この接着剤は速乾性と強力な接着力が売りなので、比較的待ち時間が少なく削り出しができると思ったのです。

実際やってみると、この部分には向いてなかったかなあ。

まず、流し込みなのでくっついてほしい面全てに行き渡っているのか確認しずらいです(なのでブラックを使ったのですが)。行き渡ったと思って削り出してみると、ところどころ接着できておらず、結局そこに瞬間クリアパテRを盛って再度削り出し、といことが何回かありました。

また、いくら強力な接着力があるといっても、やはりその力は接着面の面積次第のようにも思います。このC面のような線状の部分ではあまり効果的ではありませんでした。

 

それでは②の方法で反対側です。

f:id:yufin:20190623165121j:plain

こちらはタミヤのエポキシパテ高密度タイプを使いました。

手順としては、主剤と硬化剤をしっかり混ぜ合わせ、C面に密着するように盛り付け硬化を待ちます。

硬化後削り出したのが上の画像になります。プラ棒を接着する方法に比べ、しっかり形状を出すことができました。

ただ問題なのは、、、硬化時間です。説明書には12時間で硬化すると書かれていたのですが、2日たっても少し柔らかさがありました。混ぜ合わせが足りなかったのかもしれませんが、ちょっと使いづらさを感じました。

 

形状自体は自分の思った通りにできたので、とりあえずエッジ出しはOKとします。

 

続いてちょっと気になっていたグレネードに手を加えます。

手を加える前がこちら。

f:id:yufin:20190623172405j:plain

本来分離していなければならないグレネードが連結されています。

これを分離しているように見えるように加工します。

f:id:yufin:20190623172511j:plain

つながっている部分を切り取りました。

これをシールドに取り付けてみると・・・

f:id:yufin:20190623172637j:plain

見栄えがだいぶ変わりました。

やっていることは大したことないのですが、なかなか効果的でした。

 

次回はバックパックをやっていこうと思います。

ジェガン製作計画>
1 仮 組
2 方針・計画の決定

3 加工・合わせ目消し・表面処理
(1)武器類

  ア ビームライフル

  イ シールド
(2)バックパック
(3)腕
(4)胸・腰
(5)脚部
(6)頭部
4 パーツ洗浄
5 塗装

 

MG ジェガン<4> シールド1回目

こんにちは。yufinです。

今日はシールドです。

今回のテーマのひとつである尖鋭化をします。

まずは加工前のシールドです。

f:id:yufin:20190217183445j:plain

黒いマジックで塗った個所が尖鋭化をする部分になります。

シアノン+ベビーパウダー(通称シアノンパテ)を使用し、やってみました。

f:id:yufin:20190414220836j:plain

なんか上の画像と色味が違いますね。

それはともかく、よく見るとわかるのですが、パテを盛った部分がだいぶ欠けています。これじゃ尖鋭化の意味がないので、後日やり直そうと思います。

 

ジェガン製作計画>
1 仮 組
2 方針・計画の決定

3 加工・合わせ目消し・表面処理
(1)武器類

  ア ビームライフル

  イ シールド
(2)バックパック
(3)腕
(4)胸・腰
(5)脚部
(6)頭部
4 パーツ洗浄
5 塗装

MG ジェガン<3> 武器類(ビームライフル)

こんにちは。yufinです。

今日はビームライフルをやりました。

f:id:yufin:20190217182215j:plain

ジェガンビームライフルって少し短めなんですね。

とりあえず〇穴はスピンブレードでしっかり掘りました。

ゴッドハンド スピンブレード 5本セット プラモデル用工具 GH-SB-1-3

ゴッドハンド スピンブレード 5本セット プラモデル用工具 GH-SB-1-3

 

 これだけでも精密さが上がるんですね。これから積極的に使っていこうと思います。

なおライフルの後端部分の3連〇穴ですが、スピンブレードで無理やり掘ったら少しずれて掘ってしまいました。スピンブレードは通常のドリルのように穴を掘っていくのではなく、掘った穴の底面を整えるもののようです。ひとつスキルが上がりました。

次回はシールドをやります。

ジェガン製作計画>
1 仮 組
2 方針・計画の決定

3 加工・合わせ目消し・表面処理
(1)武器類

  ア ビームライフル

  イ シールド
(2)バックパック
(3)腕
(4)胸・腰
(5)脚部
(6)頭部
4 パーツ洗浄
5 塗装

MG ジェガン<2> 製作計画

こんにちは。yufinです。

今回は製作計画を作ります。

この計画、私にとっては結構大事です。

 

気持ちが乗らないときの私の気持ちはこんな感じです。

・腕を1個作った後に

 「腕2個もつくるのだるいなあ」

・ある部分を作り終わった後に

 「次どこ作ろうかなあ・・・、考えるのめんどくさい。とりあえず作るのやめよう」

だいたいプラモデルからしばらく離れるときはこの二つが多いです。

 

1個目は時間が経つと「作りたい」気持ちが復活してくるので対処可能なのですが、2個目は何度か繰り返した後に「超作りたい」というビッグウェーブが来ないと乗り切れないのです。バンシィで時間が空いた時はだいたいこれです。

 

ですのでジェガンでは、計画を作って少しずつ、でも確実に進めていきます。

 

まずはバンシィでの反省です。

・表面処理を意識しなかったので、表面がザラザラしている箇所がある。

・完成までの時間がかかりすぎ。

バンダイエッジに手を入れていない

・左右のパーツで形状が違う箇所がある(あったような気がする)

 

これらを踏まえて今回の方針は

・表面処理をちゃんとやる(800番のヤスリ掛けor超鋼スクレーパーでのカンナ掛け)。

・あまり凝った改造はしない(スジボリはしない)。

バンダイエッジを除去する。

・同じ形状のパーツは一緒にやる。

です。

ジェガンはキットの完成度が高いので、これらをやるだけでかなり良いものができるんじゃないかなって思っています。

 

そして計画はこちらです。

ジェガン製作計画>
1 仮 組
2 方針・計画の決定
3 加工・合わせ目消し・表面処理
(1)武器
(2)バックパック
(3)腕
(4)胸・腰
(5)脚部
(6)頭部
4 パーツ洗浄
5 塗装

少しずつやっていきます。